めぐリズムの効果は即効性あり!ただやはり対処療法・・??

 

毎日毎日、パソコンに向かって仕事をしている関係で目が完全にスッキリしているのはここ数年ありません。仕事量が多くて残業が続いた時などは目・肩・首筋全体がカッチカチになります。

 

そんなきつさと苦しさがMAXの時に、めぐりズムを使うと寝落ちするほど本当に気持ちよいです。

ただそのあとにまた仕事をするとすぐに目の疲れがよみがえってしまいます。めぐりズムの気持ちよさも結局は対処療法であり、目をいかに休ませる時間を取るか?が根深い問題なんですよね・・。

 

とはいえ、メンタル的にもきつくなるほどの時は、めぐりズムに頼るのもアリだと感じています。ここではそんなめぐりズムの気持ちよさと気になる点についてまとめてみましたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

 

めぐりズムを実際に購入して使ってみました。

 

私はだいたいアマゾンで購入することが多いです。
14枚入り1箱で1,000円を切る価格で買えるので、ドラッグストアは安くなります。
だいたいドラッグストアだと1,300円前後するところが多いですね。

 

ただアマゾンの場合、1箱だと送料がかかってしまうので送料無料になる2箱単位で買ってます。

 

 

14枚あるので1日に1枚使ったとしたら14日分です。
私は毎日夕方以降に目がしんどくなるので1日1枚を使っています。目の疲れがひどくない時でも、目の疲れをその日のうちに取りたい!という感じです。

 

 

 

快適温度約40℃・発熱時間約10分。

 

正直言うと温度に関しては、40℃でも温かいのですが個人的にはもう少し温かくてもいいかなと思ってます。発熱時間も10分ですが、15分ぐらいほしいというのが正直なところです。

 

 

袋をあけるとこんな感じで折りたたまれてます。

 

開くとこんな感じです。
紫色の柄がついてます。

 

こっちが目に触れる部分ですね。
耳掛けも折りたたまれています。

 

開くとこんな感じです。
マスクなんかと違って耳掛けがかなり大きいです。

 

 

拡大しました。
これをかけると・・

 

頭のサイズに関わらず、きつすぎず緩すぎないフィット感です。
何より15分ぐらい付けていても耳が痛くなることが無いのでいいですね。

 

 

目の部分も比較的フィット感はあります。

 

ただし、目の周りの骨に当たるので目のくぼんだ部分にまでめぐリズムがギュギュット当たるわけではありません。なので顔立ち濃い系の堀深めな人の場合、眼球部分への密着感が落ちます。

 

 

私の場合、こんな感じで指で押しあてながら使うこともあります。これをするとより密着しますし、温かさも直接伝わります。

 

押し当てたとしても火傷するほどの熱さではないので心配ありません。

 

めぐりズムを実際に使っていて感じること【まとめ】

 

実際に使ってみて感じた事として、付けていてたしかに気持ちいいし、リラックス効果はたしかにあるのですが個人的にはもっと温度が高くてもOKでした。
   

めぐりズムの良かった点

  • 温熱効果に即効性があって気持ちいい
  • すぐに使える(開けて装着するだけ)
  • かさばらずに持ち運べる

めぐりズムの悪かった点

  • 効果の即効性はあるが持続力がない
  • コスパが気になる
  • 15分間何もできない

 

私自身がほぼ毎日目を酷使する仕事で、たしかに使うとても気持ちいいのですが、また目を使い始めると結局目が疲れてしまいます。

 

「せっかくめぐリズムでラクになったのに・・・もう目疲れた!?」

 

目の疲れがひどくて、対処療法でも構わない・・とにかくこの苦しみを一時的でも癒してほしい。そんな人であればいいかもしれません。

 

めぐりズムのコスパを抑えるならここで購入するのがおすすめ!

どこの通販が一番安く買えるのか調べてみました。めぐリズムのコスパを考えるとだいたいこんな感じです。

 

ショップ

14枚入り1箱

14枚入り2箱

アマゾン

1,398円

送料無料

1,920円

送料無料

楽天

1,458円

送料込み

×

一般のドラッグストアなど

1,400円前後

×

以上のように送料も含めると、1箱単価が一番安いのはアマゾンでした。
アマゾンの中でもホットアイマスクのベストセラー1位になっているので価格の安さも関係しているのだと思います。

 

>>めぐリズムの最安値価格をアマゾンでチェックする

 

めぐりズムホットアイマスクの効果を感じた人の口コミからわかる真実。

 

めぐりズムのホットアイマスクを実際に使ったことのある人たちの生の声からその効果、メリット・デメリットを調べてみました。

悪い口コミ

  • 眼球のあたりしか温かさを感じないので、蒸しタオルのほうが効き目はある。
  • 好き嫌いがあると思いますが、香料付きのものはにおいがけっこうきつく感じた。
  • トイレの芳香剤に似ている気がする
  • 期待値が高すぎてこんなものかという感じでした。
  • ゴミが増えるので、蒸しタオルのほうがいいかも・・。
  • 夏には暑くて使えない

良い口コミ

  • 仕事柄パソコンに向かっていることが多くて目の疲れは日常的でしたが、ホットアイマスクは即効性があってかなり気持ちいいです。
  • 10分間というちょうどういい時間なので職場の休憩時間にも使っています。実際には20分ぐらい温かい気がします。
  • 目の疲れはもちろんですが、ストレス解消ができてかなりリフレッシュできます。
  • 仕事で疲れて寝る前にホットアイマスクを付けていますが、100%の確率で気持ちよくて寝ます。
  • ホットアイマスクがないと仕事の効率が落ちてしまうぐらい、活躍しています。買ってよかったです。

 

 

以上のような口コミがありました。
ぜひ参考にしてみてください!

 

 

めぐりズムのそれ以外の効果は??

 

目元のシワ・目の下のクマ対策にも!?

 

女性で使っている方が口コミに書いてあったのですが、目の疲れはもちろんですが、目の周りのシワ対策として使っている方もいるようです。

 

蒸気が出るおかげで確かに使った後、目の周りがしっとりします。あと温熱効果で血行促進できればクマとかにも効果がありそうです。

 

リラックス効果は??

 

使うとかなり眠たくなるので、リラックス効果は高いと思います。
ラベンダーの香りを使ったら余計に効果的です。

 

 

めぐりズム系の目元ケア・目の疲れ解消グッズの比較!

目の疲れがひど過ぎることもあって、色々な疲れ目解消グッズを使った経験があります。ここではそれぞれの良かった点と悪かった点についてまとめました。

 

各アイテムのメリット・デメリット

 

ホットアイマスク系(めぐりズム等)

 

メリット

デメリット

  • 温熱効果で即効性がある
  • 香りでよりリラックス効果を得られる
  • 家でも職場でも使える手軽さ
  • 対処療法なのでまた目が疲れると使うことになる
  • 使う頻度によってはコスパが気になる

めぐりズムは使いたいときに袋を開けて耳にかけるだけなので、気軽さはNo.1です。ただ目の疲れがひどい人にとっては、毎日1枚使うとコストが気になります。

 

あとはやはり対処療法ですので、目を使うとまたすぐに疲れてしまいます。

 

自宅で蒸しタオル

 

メリット

デメリット

  • 温熱効果で即効性がある
  • 電気代のみなのでお金がかからない
  • 自宅でいつでもできる
  • 対処療法なのでまた目が疲れると使うことになる
  • 用意するまでに手間がかかる
  • 温熱効果の持続力は低い

タオル一枚と水と電子レンジがあればいつでも使える蒸しタオル。実際に使ってみるとめぐりズムよりも温かさの持続時間が短いので、目の奥からズンと疲れがある人には向いてないです。

 

あとはコストはレンジでチンする電気代が1円もかかりませんが、用意する手間がめんどくさいです。またホットアイマスクと同じように目を使えば疲れが復活してしまいます・・。

 

目元エステマシン系

 

>>目元エステの詳細

メリット

デメリット

  • 温熱効果で即効性がある
  • バイブレーション機能でマッサージ効果もある
  • コスパは充電の電気代のみ
  • 対処療法なのでまた目が疲れると使うことになる
  • 初期費用が高い
  • 使う場所を選ぶ

 

代表的なのがパナソニックの目元エステという機種です。初期費用が13,000円前後かかりますが、買ってしまえばあとは電気代だけで使い倒せます。めぐりズムや蒸しタオルとの違いは、温熱効果が安定していることと、バイブレーション機能が付いていることです。

 

血行が悪くなっている目の周りの筋肉を振動させることで血行が促進される効果があり、温熱効果だけより効果を感じます。

 

あとは蒸気の出方がめぐりズムとは違って多いです。
ただしこれもやはり対処療法です。

 

サプリメント系

 

>>サプリの詳細

メリット

デメリット

  • 目に良い成分をまとめて摂ることができる
  • 目以外にも効果的な成分を一緒に摂ることができる
  • 水があればいつでも飲める
  • 即効性がない
  • 継続するのにコストがかかる

 

目の疲れ対策のサプリメントはたくさんあります。サプリなので即効性が期待できませんが、身体の内側から継続的に目に良い成分を摂るという点ではほかにはないメリットです。

 

目に良いとされるアントシアニン以外にも、最近ではパソコンやスマホの有害なブルーライト対策におすすめの成分を多く含むサプリもあります。目のケアを本気でしたい人はサプリもいいかもしれません。

 

ただしこれもめぐりズムのようにコスパがかかります。

 

各アイテムの評価比較

 

即効性

持続性

コスパ

ホットアイマスク系

70円前後/1枚

蒸しタオル

電気代1円未満/1回

目元エステグッズ系

初期費用

10,000前後

サプリメント

60円前後/1日

 

パソコンやスマホで目が疲れる人はブルーライト対策をちゃんとしないとマズイ!

パソコンやスマホを使っていてそれが原因で目が疲れている人は、併せてブルーライトにも注意しないとけっこうマズイみたいです。
意外とその怖さをちゃんと知っている人は少ないようですが、ブルーライトって紫外線と同じぐらい有害だそうです。

ブルーライトの影響
  • 目の老化
  • 睡眠障害
  • うつ など

 

特に仕事でパソコンを毎日接する人ほどこれからもずっとパソコンと接していく人がほとんどだと思うので、今からちゃんと対策しておいたほうが良いです。

 

ちなみに私もブルーライトカット対策としてパソコンのディスプレイにブルーライトカット用のアクリルっぽい板を装着しています。だいたいこれでもカット率は30%〜60%です。

 

 

 

完全に防ぐことはできませんが、それでも使っていないときに比べたらかなりマシです。心なしか目の疲れ具合も軽くなったように感じます。
あとはブルーライトの光対策成分としてルテインなどをサプリから摂るのもおすすめです。

愛用サプリ

ちなみにアサイベリーはアントシアンがかなり豊富なので疲れ目にも良いです。
私もめぐりずむと一緒に併用してます。



プラチナアイ(ふくふく本舗)
  • アサイベリー、ビルベリー、カシスの3種のベリーとルテインを配合
  • 価格 4,600円(税込)
  • 1日あたり 約148円
  • 2,300円の定期コースあり

 

ルックルックベリー(ルックルック)

  • アサイーベリーには最高濃度のグロッソランク
  • ビルベリーの王様北欧産の野生種を使用。
  • 血液サラサラ効果が期待できるDHAとEPA。
  • ブルーライトなどから目を守ってくれるルテイン配合。
  • 価格 2,000円(税込)
  • 1日あたり 約55円